happy recipe 55

私的、幸せの作り方、見つけ方。゜☆。゜*。゜幸せってほんのちょっとのさじ加減でやってくるものかも*・゜☆。♪゜。*・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏はコレだね♪MARINA DE BOURBON ☆☆

20050630051505.jpg

1年を通して楽しめる紅茶の専門店”MARINA DE BOURBON-マリナ ド ブルボン-”☆☆☆

続きを読む ≫

スポンサーサイト

I LOVE MONK!!!

20050629080732.jpg
  

続きを読む ≫

ぬり絵ポストカード☆☆☆

20050630094629.jpg

新しいポストカード作りました。。。そして、とってもミニミニ、、、ミニミニ、、、ですが、実家のお店の(串焼きやサン、、、なんです☆)一角を借りて飾ってみたり、販売したりしています。。。☆  

続きを読む ≫

真珠の耳飾の少女。。。

20050626190150.jpg

今日は、絵のような映像、映像のような絵?!って思うほどフェルメールの絵画が動いている様な映画”真珠の耳飾の少女”の事について。。。 
この映画を見る前は、世界的に稀少価値の高いフェルメールの絵を扱うなんてどんな感じになるんだろぅ??ってあまり期待していませんでした。。。フェルメールの絵を映像になんて出来るわけ無いよ!!って思っていたから、、、でも見てみてビックリ(☆。☆) 

続きを読む ≫

明りのオブジェ。゜・。゜・゜。

20050629001447.jpg

2004年の秋、石川県加賀市にある”中谷宇吉郎雪の科学館”で行われた”第3回雪のデザイン賞”に参加し4作品中2作品ほど入選を頂きました。。。上の賞状は加賀市市長さんから頂きました!
入賞と言うわけではないので威張れる話じゃないけど、、、 

続きを読む ≫

美味しい!!美味しい??

shimeji.jpg

家の近くのスーパーで、こんな大きな”しめじ”見つけました!!どのくらい大きいかと言うと。。。 

続きを読む ≫

大きな絵描きました☆☆☆

manhattan.jpg

絵の中央の図、ブルックリン側から見たマンハッタン。。。

私、大きな絵とか、色付けとかとっても苦手なのですが、、、この苦手を克服して描くにはどうしたらいいのかかなり試行錯誤してみました。そして到達したのが”お絵かき技法”。♪。☆。と名付けたこの描き方。。。今日はその”お絵かき技法”第1弾!


続きを読む ≫

お知らせ。。。そして、good luck私!!

毎日眠い目をこすりこすり頑張ってアップしているつもりなのに、振り返ってみるとブログの名前”walk in New York 55”に全然関係ない内容な事ばかりな気がして・・・
今までご贔屓にして下さっていた方々には大変ご迷惑な話ですが、、、1言で言っちゃえばタイトルhappy recipe 55に変更しちゃいました。。。笑
笑い事じゃない・・・すでに”お気に入り”に入れて下さっている方、申し訳ございません・・・お手数ですが名前の変更、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

続きを読む ≫

年を重ねりゃ好みも変わる!!!

pink.jpg

私の好きな色は昔も今も”透明”!!好きな色は何?って聞かれ”透明”と答ると”それって色じゃないじゃん”って言われたりして。。。そんな時はたいてい”黒”って答えていました。でも、幼稚園生か小学生かっておチビが”黒”だなんて今思えば可愛げないなぁ~なんて思ったりして・・・と言うだけあってピンクなんて興味のかけらもなかった・・・と言うかどっちかと言えば好きでなかったのかなっ?! 

続きを読む ≫

Georgia O'Keeffe

20050621034504.jpg

今日は、私の大大大好きな画家ジョージ・オキーフの紹介。彼女の作品は静かで、清潔感があり、とても潔いい感じがして好きです。いつか大金ゲットしたら買うぞ!!!って思ってたりして。。。笑  どこぞのリッチピーポーがプレゼントしてくれるのでも全然構わないんだけど。。。リッチピーポーが構うのかなぁ。。泣 

続きを読む ≫

今日はパパの日◎

20050619062237.jpg

今日はチチの日ですね◎家のチチは3日も前から”19日って何の日か知ってる?ねぇねぇ、何の日か知ってる??”って、、、パパ、あなた人間じゃなくてオウムだった??って言うくらい1人ピチピチ鳴いてました。。。笑。。。
で、そんなオウムの事を無視する訳にもいかず、山口智子サンのCM(イオンのフッフゥー♪ってやつ)みたくお気にの手帳に予定も入れず今日は朝からパパと一緒にドライブがてら、ちょっと遠くまで来ちゃっいました。
ニューヨークで毎日頑張っている妹にも見せてあげよって思い沢山写真撮りました。ずーーーっと鳥が鳴いていて、蝶が飛んでいてちょっと緑の匂いがする風がとっても気持ち良かったです♪

続きを読む ≫

昔は凄い!!!☆

62.jpg

今日は映画”宮廷料理人ヴァテール”の事を書いてみようかなっと思い。。。
my works第3だん。。。ちょっと宮廷っぽい??華やかなケーキの絵をくっつけてみました。゜。*。゜。

続きを読む ≫

June Bride

先日、9月に結婚する大学の頃からの友達から”色々とやる事があって忙しいよ☆”と幸せなメールが届きました。
とても可愛い子なのできっとドレス姿も素敵だろうなぁ~何て思ってみたりしました。そして6月と言えばJune Bride***と言う事で、今日は大好き過ぎて自分の部屋にわざわざ金縁の額に入れて飾っている1枚の絵を紹介します。
8wedding.jpg

<<果実と花に囲まれたマリアの結婚>>
油彩・銅板
35.4×28.1cm
この作品は「花のブリューゲル」とか「ビロードのブリューゲル」と呼ばれたヤン・ブリューゲルと、人物画、風景画、風俗画も制したフランス・フランケンとの合作です。周りの花をブリューゲルが中央の人物をフランケンが描いています。中央に描かれているのはマリアとヨセフの結婚の場面。
「マリアが14歳になった時、天使のお告げでユダヤの独身男性が1本の小枝を持って集まるように命じられました。マリアよりかなり年上のヨセフも妻を亡くしていたので出向いた所、枝に花が咲いたので神の意思によりマリアの結婚相手に決まりました。」←(こちらは教会が正式には認めていない聖書の「外典」の1つ「ヤコブ元福音書」の内容に基づきます。)
ヨセフの頭の向こうをよ~~~~~く見てみて下さい。白いお花が咲いているの見えますか??そして彼の右手はマリアに婚約の指輪をはめています。中央はユダヤの司祭長で、頭上には鳩が飛び、神の意思を示す黄金の光が降り注いでいます*。゜。*゜。

さほど大きくないこの絵を美術館で目にした時、本当に美しくてその場から一時動けませんでした。こんな奇跡のような運命の出逢いがあるのならしてみたいものですね。何て思っている私に、「でもココに描いてあるのアスパラでしょ??アスパラって野菜だよねぇ!!野菜って八百屋さん仕様だよねぇ!」って・・・夢ぶち壊しの様な事を言った人がいたっけ・・・(笑)
それでもやっぱりミラクル私の頭上に落ちて来い!!!と思うのでした・・・☆
所で皆さんどこにアスパラあるか見つけれましたか??☆

De-Lovely第2弾!!with Cartier

今日は先日ご紹介した”五線譜のラブレター”で、コールとリンダがN.Yのブロードウェイに渡り成功する場面からのお話。
舞台の初日祝いに必ずリンダはカルティエで特注したシガレットケースをコールへ贈ります。どれも洗練されていてとても素敵な物ばかり***キラキラした物が大好きな私の”目”はそれらのシガレットケースにくぎずけ!!・・・ハハッ・・・
日本では余り馴染みの無いアイテムですが、欧米のお金持ち達は古くから高価な宝石を散りばめた、今では美術館・博物館いきになるような芸術性の高い物を愛用し、メッセージや名前を刻んで特別な日の贈り物にしたりしたそうです。
20050616042108.jpg

↑こちら、1933年、カルティエ ニューヨークで作られたエナメル製チャームの沢山付いたポップでお茶目なシガレットケース。”アメリカ☆アメリカ”って名前を付けたくなる様な作品ですよね☆
20050616042811.jpg

↑そしてこちら、勤続10年目の男性社員に贈られる「ベテランシガーボックス」、蓋のプレートには名前が刻まれているそうです。ちなみに、勤続10年目の女性社員にはスリーカラーゴールドのブレスレット、通称「ベテラン ブレスレット」が贈られるそうです。これら、どちらもカルティエ社員のために作られた非売品です。す・て・き・☆
http://www.cartier.com/
↑世界のカルティエをほんの少し覗いてみて下さい☆
Cartier in N.Y            
Add : 653 5th Ave.(at 52nd st)       
Tel : (212)753-0111
Tra : "M" N,R,W線 5Ave.駅
Time: 10-17:30 休:日曜
ニューヨークの5番街、1917年から変わらないコノ場所に建っているカルティエ。この建物は、かつてモートン・F・プラントの所有する、イタリア・ルネッサンス様式の豪邸でした。そして1970年、ニューヨーク市の歴史的建造物に指定されています。

June's special

その昔のお話・・・帝政ロシア、ことに女帝エカテリーナ2世(在位1762-96年)の時代では、お花自体を宝石で作り、それをまた束ね花束のジュエリーにして楽しんでいました。身に付けるものとして作られているのでさほど大きな物ではありませんが、それでも下に紹介したブーケは14×12.5cmもの大きさです(☆o ☆)金、銀、サファイアにダイヤモンド、ガーネット、エメラルド・・・と聞いているだけでニタニタしてしまうくらい贅沢な花束です☆今日この様なガラスの花瓶に入れてあるのは、展示の為ではないかとされています。
flower1--1.jpg

これら豪華な花束やエカテリーナ2世が所有していたジュエリーの1部達は今、エルミタージュ美術館の宝石部門で展示されています。いつの日か、見に行ってみたいと願いながら、一先ず身の周りで出来る楽しみからと言う事で・・・

1-.jpg
↑”柏葉アジサイ& my Bjiou”
今日はTody' specialならぬJune' specialと題し”アジサイ”を取り上げてみました・・・今年、家には沢山の”柏葉アジサイ”と”隅田の花火”が咲き、私達の目を楽しませてくれています♪
そして先に紹介したように、目を楽しませてくれると言えば宝石ものその1つ!と言う事で、針で突いたほどのお庭から摘んできたアジサイを、ジュエリーボックスのお気に入りで飾って☆夜になるとライトの光を受けてキラキラキラキラ*。゜・*。゜☆エカテリーナの様にはいかないけれど・・・ちょっぴり気分はエカテリーナモード?!笑?
8.jpg
↑”隅田の花火& my Bijou”

from De-Lovely

dress2.jpg

今日は最近買ったお洋服から始まるお話。*。゜☆。゜*ふらっと立ち寄ったお店、ビックリするほど安く、そして山の様な服・服・服
上が今回購入の、ドルマンスリーブで、色は淡いラベンダー、胸元から背中にかけキラキラ光る黒いビーズが縫い付けてある、少し昔の香り漂う雰囲気の1着です。

ashley2.jpg

そしてこちらは映画”De-Lovely-五線譜のラブレター-”の中で白地に黒のドットのシフォンのブラウスを纏った姿のアシュレイ・ジャッド。この映画の中のアシュレイはアメリカンビューティーの代名詞のような美しさ。どの装いも、どのジュエリーも、どの場面でもとてもエレガントで素敵です。何だかこの2つのお洋服、雰囲気が似ていると思いませんか??もしかしたら今回ゲットした服に袖を通したらこのアシュレイの様になれるかも・・・?は、言い過ぎ・・・
内容は、1920年代、ベニス、ニューヨーク、ハリウッド、パリを舞台に繰り広げられる、こちらもアメリカ音楽の代名詞のような人”コール・ポーター”とその妻アシュレイ演じるリンダ・ポーターの愛と半生を綴った物語です。大好きな映画の1つなので、書きたい事は山の様にあるのですが今回はこちらをご覧下さい。
 ↓↓↓ 
http://www.foxjapan.com/movies/delovely/top.html

近い内、この映画の中に出ててくる、シガレットケースや、ジュエリーについてのお話を紹介しようと思っています。

31Happy Birthday♪♪♪

60.jpg

今日は私の大好きなヤンキースの松井君の31才のBirthdat♪♪♪と言う事で今日は描き溜めている絵の中からケーキを1つ。”ル・コルドンブルーの20の素材と41のフランス菓子”と言う本の中で見つけた、フランボワーズとショコラのとっても美味しそうなケーキです。
フランボワーズって、スーパーへ行ってもマーケットへ行ってもパット目を引く鮮やかな赤が印象的なフルーツだと思います。でも可愛いからって口にするとちょっと甘酸っぱくって・・・(・v・)*☆
ニューヨークにいた頃は生でと言うより、冷凍のフランボワーズにお砂糖やレモンの絞り汁何かを足してアイスクリームにかけるソースを作ったりしました☆パンナコッタにかけたりしてもとっても美味しいです(*^o^*)それに見た目もとっても可愛いし☆後、シャンパンに沈めてみたりて。゜*・゜。*。゜
と言っても私は見るだけ・・・まったくお酒飲めないので・・・(. . )シュン・・・そんな日は、雰囲気だけでも!!!とラズベリー味のガス入りペリエにフランボワーズを沈めて、それでも酔っ払った気になれちゃうから不思議(>v<)☆不思議じゃなくて、オカシイ??でも、美味しいので試してみて下さい♪
話が随分それちゃいましたが、今日この絵を選んだのはフランボワーズが31個上にのっているから・・・数える人いるかなぁ??
Anyway,松井君31才ハピバスデイ♪♪♪

Fried Icecream

pennan.jpg

ニューヨークで頑張っている妹がコメントをくれました(^^)ニューヨークも暑いみたいで・・・アパートの部屋はもっと暑いみたいで・・・昔私が見つけたアパートなので何だか妹に悪い気がします・・・
一緒にいるのなら、いくらでも冷たくて美味しいお菓子や食事を作ってあげるのにと、ちょっと可愛そうに思ったりします。
そこで今日はフライド ココナッツアイスの紹介です。私は個人的にあまりココナッツが好きではありません。でも例外があって、このフライド ココナッツアイスは美味しく頂けるのです。サイドにバナナの天ぷらも付いていて本当に美味しい(*^^*)これはソーホーにある”ペナン”と言うレストランの物です。後ここには暑い時にピッタリなメニューも沢山あります。中でも私はここのミゴレンやナシゴレンが好きです☆ライムを絞って頂くのですが、最初ご飯や麺にライム??と思いました。でもこれが想像以上にピッタリ合うんです。凄く合っていたと思い家でチャーハンを作った際、ライムが無かったのでレモンを絞ってみました。断然ライムの勝ちでした☆☆☆1度お試し下さい。そして機会があったら”ペナン”のフライド ココナッツアイスも試してみて下さい。たしか、ウエストサイドのアップタウンにも店舗があったような、なかったような・・・間違っていたらごめんなさぃm(_ _)m

Card from 冷たいお菓子

”Charlotte sux Fruits Rouges”のPost Cardです。どうでしょぅ??それっぽくなってますか??

68.jpg

冷たいお菓子2

sweet1.jpg

真紀子さんの”冷たいお菓子”の本の中から1つ目にも美味しいお菓子を紹介します。
”Charlotte sux Fruits Rouges-赤いベリーのシャルロット-”です。
このお菓子は、シャルロット型にビスキュイを敷き詰め、その中にベリーで作ったババロアを流し入れ、冷し固めていただくと言うものです。美味しいだけでなく、見た目にもとても可愛らしいお菓子の1つで、その余の可愛らしさに絵にしてポストカードにしちゃいました・・・☆

冷たいお菓子

makiko.jpg

今日はとても暑い1日でした。私の住む辺りでは最高32度まで気温が上がったそうです・・・
あまり暑さを得意としない私は、暑いとすぐに冷たいものを口にしてしまいます。口にするだけでなく☆目☆からもと思ってしまい大好きな”藤野真紀子さん”の本も開いて眺めます。
上に添付した本です。真紀子さんの存在を知ったのはかれこれ10年くらい前の事です。その当時のルームメイトが(今でも仲良しのお友達♪)”藤野真紀子さんの幸せを連れてくる50のお菓子”という本を持っていて、見せてもらうと途端に大好きになっていました。真紀子さんのゴージャスさ、ニューヨークでもお菓子の勉強をされたと言うお話、そして何よりも彼女のレシピで作ってみるとどのお菓子もビックリするほど美味しいのです(*^^*)幸せも美味しさも連れて来てくれます。
そしてこの本は夏の癒しを連れて来てくれます☆余の素敵さに、この本の中からいくつか絵を描き出してみたりもしました。実際に作ってみても、絵にしてみたりしても、どちらでもアート要素満載の真紀子さんの本です!!!

エンパイア物語

esb1.jpg

今日は、エンパイアについてのお話し、と言うかウンチクかも・・・
この日のエンパイアは赤と黄色で、オモチャの積み木を並べた様な佇まいでした☆
この前を通りかかった時”上った事ある?無いなら上ってみない?”と言う友達に・・・
若かりし日の私にはふわふわとした夢がありました・・・(*^^*)それは、初めて上るのは、エンパイアがピンクにライトアップされた夜、大好きな人と☆って可愛いんだか、寒いんだかって物でした・・・
結局この日もそんな夢を捨て切ず・・・。
そんな私に友達が”じゃ、メルヘンついでに!!!どうしてエンパイアって日によって色が違うか知ってる?昔10才くらいになる女の子が市長に「ホリデーによってライトの色を変えたら素敵だと思います!そうして下さい♪」ってお願いしたんだって。それから、そのホリデーやシーズンにちなんだ色にライトアップされる様になったらしいよ☆”って教えてくれました。
そんな可愛らしい話を聞くと何だかどの色の日でもイイ気がしながら、この日から随分の月日が流れとうとうエンパイアに上った日、それは良く晴れたお昼までした・・・(^^;それも、母と叔母と3人で・・・そしてその日からも随分月日は流れた今でも、大好きな人と上るのはピンクで良く晴れた夜のエンパイア☆と心に決めている私です・・・近い将来10年越しくらいのこの願い叶いますようにと・・・☆

Bed of Roses

4.jpg

やっと画像を添付する術を見に付けました!何を載せようかと探していると、棚の奥にしまってあったビデオテープを見つけました。見てみると"Bed of Roses-マンハッタン花物語-"が入っていました。この映画はマンハッタンを舞台にクリスチャン・スレーター演じるルイスとメアリー・スチュワート・マスターソン演じるリサのちょっとしっとりとしたラブストーリーです。これで載せる絵が決まりました!!映画の冒頭でリサが贈り主不明の花瓶に入った花束を受け取ります。花の種類や花瓶はまったく違うのですが、ヤン・ブリューゲルの絵の中の花束に雰囲気が似ているな~と思いブリューゲルの絵を1つ紹介しようと思います。1606頃に描かれた”木の桶に盛られた花束”と言う絵です。もし機会があったら、”Bed of Roses”の花束と見比べてみて下さい☆☆☆

ホーム

Home

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

yuki

  • Author:yuki




  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。









    当サイト一切の画像
    無断転載をお断り申し上げます

    ☆記事と直接関係の無いコメント、アダルトコンテンツを含むサイト(URL)、TBは削除させて頂く事がございます、ご了承下さいm(_ _)m

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。